読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

音楽そのものを売るのではなく、音楽を使ったエンタテイメントを売る

ハヤシユウ(@884yuu)です。BGMを作ることにしか脳がない自分は、日々「どうすればBGMがより売れるのか?認知されるのか?」ということを考えています。

主に使っているサイトはオーディオストックさんで、今まで放置気味だった過去の曲をリメイクしたり、説明文やタグをわかりやすくしたり、色々と実験中です。

著作権フリーBGM/効果音の音楽素材 - 「オーディオストック」

 

しかし、BGMを売るというのはなかなか厳しい状況で、トッププレイヤーでも月間の売上が数万円〜十数万円のということらしいです。僕は現状、数千円くらいですが、今年は月間3万円くらいは目指していきたいなと思っています。

 

音楽クリエイターが音楽を知ってもらう・買ってもらう手法として、このように直接音楽を販売することもできますが、最近は「音楽を使ったエンタテイメント」をいかに作り、いかに広めるか、というところに面白みがあるんじゃないかと感じています。

 

さっそく、最近見つけた具体例をいくつか紹介します。

 

クソ動画(※)制作者:からめるさん

 ※ご自身でクソ動画作る人とおっしゃっています。笑

 

どなたのRTか忘れましたが、突如twitterのタイムラインに表れた動画。いくつか作品を見てみると、音楽は自身の作品では無いようですが、すべてのツイートが何千、何万とRTされています。300人だったフォロワーさんも1ヶ月で90,000人超えという勢い。

自身の音楽を使って動画を作ることができれば、90,000人のうち900人くらいは、音楽を気に入ってくれるかもしれません。

 

位置情報アプリでRPG

これもtwitterで見かけた、なるほどな!と思ったツイート。

(調べてないけど)まだ実際に市場にあるわけではないようですが、たしかにこういうのできたらあっという間に話題になりそうです。まとめサイトに「場所や時間によってBGMが変わる位置情報アプリ「音楽だけRPG」めちゃ楽しいwwwww」って記事ができてるのなんか想像できます。

その場所に訪れるとBGMが変わって、何かアクションを起こすとその音源が本体にコレクションされる、みたいな機能があると、みんな集めるのに夢中になりそう。

 

ここからは最近見かけたわけじゃないけど、他にもいくつか。

東方Project

高校時代にちょっとハマっていた、同人シューティングゲームDTMをかじっている人なら、耳にしたことがある人が多いはず。ニコニコ動画でも黎明期〜現在まで、人気のコンテンツです。

めちゃうろ覚えなのですが、制作者のZUNさんはもともと音楽制作者で、「自分の音楽をもっと聴いてもらうために」ゲームの制作を始めた、とどこかの記事で見かけました。めちゃうろ覚えなのですが。

 

ミリタリー体操第一

 

爆発的に流行ったわけではないのですが、じわじわと人気の作品です。何を隠そう、自分が制作した「早起き体操」のBGMを使って、この作品を作っていただいたのです。感謝、感激、雨あられ!

オリジナル体操やダンスをつくるというのも、音楽を使ったエンタメとして面白いですね。めちゃかっこいい音楽にださいダンスの振り付けを考えてみるとか、その逆も然りで、かっこいいブレイクダンスにギャグ日常系の音楽をつけるとか。

 

まとめ 

ということで、何を今さら当たり前のことを書いているんだ、という内容の記事になってしまいましたが、やっぱり音楽そのものよりも、メディアミックスしたほうがより武器となりえますね。

話題になることだけを考えたら、音楽を勉強するよりも、他の分野を勉強して、組み合わせたほうがいいわけです。

 

今年は自分自身も、そういったしかけをいくつか狙ってみたいと思います。