読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

古民家と音楽は、相性バッチリ!

久しぶりにギルドハウス十日町(※10月まで、約10ヶ月住んでいた古民家シェアハウス)のことについて書きます。今年はギルドハウスで「アドベントカレンダー」というイベントに参加していて、その一環の記事でもあります。

ギルドハウス十日町 Advent Calendar 2016 - Adventar

 

僕はせっかくなので、作曲家としての視点で、入居していた期間の音楽事情に書いてみたいと思います。

 

 

のびのび歌い放題、演奏し放題

 

なんといっても、歌い放題で、演奏し放題なところが一番嬉しいギルドハウス。山中にあり、まわりの民家も離れていることから、アコースティックな音であれば近所迷惑になることがないんです。もちろん、夜は音を抑えめにして、住人同士で配慮することもありますが、基本的にみんな寛容。僕自身、うるさい!って怒られたことはまだないです。

晴れた日には外で弾き語りをしたり、フルートやバイオリンの練習をすることもありました。特にフルートは、夏に演奏会に出る関係ですっごくピロピロしました。

 

ギルマスのハルさんに「うるさくしてごめんなさい」と伝えると、「いやいや、コバユウがいて音が鳴ってるとにぎやかで嬉しいよ」と肯定してくれます。すべてが受け入れられるシェアハウス、プライスレス。

 

最近は別の元住人もトランペットを始めたみたいで、遊びに来るとまた音が増えます!笑

 

古民家のもたらす、暖かな雰囲気のライブ

そんなギルドハウスでは、たびたびライブも行われていました。僕が知る限りでは、

  • 2015年6月:津池ミュージックフェス
  • 2016年4月:ハヤシユウバースデイライブ
  • 2016年6月:アフリカライブ
  • 2016年10月:ハヤシユウさよなライブ
  • 2016年10月:キャットニャンダフルフォーク部ツアー公演

など。他にも突発的に小さなライブがたくさん行われてきました。一番最初の津池ミュージックフェスではライブペインティングで2F大広間の壁がアートになり、以降ここがライブ会場として定着しています。

 

ライブハウスでも、きれいなカフェでもライブできるけど、古民家で畳に座布団を敷いて行うライブもまた雰囲気が良いです。暖かみの増すような、奏者と聴者の境目がゆるくような、とにかく生活の延長線上にライブがあるような、そんな感じ。ライブハウスやホールのライブが非日常だとしたら、古民家のライブはあくまでも日常なのかもしれません。

図々しくも、僕自身のライブも2回開催しました。誕生日に一回大きなライブと、ギルドハウス卒業時にしっぽりとゆるいライブを。普段は作曲家として曲を作り続けているだけだったので、まさか人前でこんなに歌や楽器を披露するとは思ってもいませんでした。

 

自分の演奏や歌は下手でも上手でもないみたいな、すごく中途半端な技術なんですけど、それでもライブをする!と決めたら、練習に精が入って短期間で上達したと思います。

 

 

パーリー建築と月見音楽祭

f:id:ytkbys:20161205005820j:plain

ギルドハウスの音楽事情は、パーリー建築抜きでは語れません。先程の「津池ミュージックフェス」も彼らが企画したもの。当時3人で住んでいたパーリー建築は、みんながみんな音楽好きでお祭り好き。自分たちでも歌を歌うし、作業中は音楽を爆音で流していました。

そんな彼らの集大成のお祭りが、月見音楽祭。2015年の第一回音楽祭はギルドハウス最寄りの美佐島駅にて。当時、僕はまだ住人ではなかったのですが、縁あってステージに立たせていただきました。やっぱり外でのびのび歌うのは楽しい。

 

風景に根付いた音楽のあり方―たんぼ音楽祭について

今年は、ギルドハウスで初めてたんぼに挑戦しました。よく、食べ物に「すくすく育っててね」との声かけや、音楽を聞かせてあげると、美味しく育つ!という話を耳にします。お米も例外ではなくて、ちゃんと僕達の声を聞いてくれて、美味しく育ってくれたみたいです。

ちょっとした雑草抜きのときや、様子見のときにも、声をかけたり、歌を歌ったり、ケーナ(※ボリビアやペルーの民族楽器)を吹いたりしていました。

 

十日町っぽいところで歌いたい!という十日町在住の友人と意気投合し、本当にスモールな感じでたんぼ音楽祭も開催しました。これは音楽祭というか、本当にただ集まって自由に歌うだけの会だったんですけど。

ギルドのたんぼは谷のたんぼで、声にエコーがかかるのも面白かったです。外で歌っている!というのをひしひしと感じました。

 

田舎の古民家と音楽は、相性バッチリ!

音楽がいつでも楽しめるのは、やっぱり田舎ならではの利点です。都会だと完全防音にするだけで、数十万円かかってしまいますから。

僕がこの前東京で出会ったウクレレ奏者の子も「ぜひライブしに行きたいです!」と言ってくれました。今後も、ギルドハウスでは色々な音が溢れそうです。