読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

絵に描いたようなキュンキュン

恋愛について考える

みなさん、恋してますか。やっぱり人生というもの、乾いていちゃいけない、いつでも浮ついていたい。キュンキュンしたい。

 

ところで、キュンキュンってなんだよ、と思って、ウィキペディアで調べてみた。

キュンキュンとは、主に少女の恋愛において、胸の中心部に息苦しい感覚を覚えるなど、精神状態が通常と異なった状態に陥っていることを表す擬態語。

キュンキュンって快感のようで、実は不快感なんだよな。いい意味で使われることも多いけど、キュンキュンってやつは、自分の心を乱してくる存在だ。でもそれがスパイスとなって、僕達の人生を彩る、やっぱり無くてはならない存在。

 

今日はクルマで2時間半くらいのところにある会場でクリスマスコンサートが企画されていたのだけど、直前まで行くのをためらっていた。そのコンサートのためだけに往復5時間の運転はなかなかつらい。けれども、別でやっている音楽メディアの記事にもなるし、世界的な指揮者であるゲストが来てくれるということもあって、足を運んでみることにした。

 

会場には僕の見知った顔(女の子)が一人だけいた。コンサート中は、その子と話したり、目を合わせて体を揺らしたりした。3組のアーティストが出演し、特に最後のアーティストは会場をとことん盛り上げ、みんなのテンションも上がっていた。会場の雰囲気や曲調的に、テンションというよりは幸福度が上がっていたかもしれない。

 

コンサートが終わって、その子がクルマまで送ってくれると言うので、肌寒い夜道を一緒に散歩した。もうこれだけでちょっとキュンキュン要素がある。その子が突然、「ちょっとズルいこと言っていい?」と前置きをしてきて、僕の心はそれはもうかき乱された(=それはもうキュンキュンした)。

(え、何、何?!このタイミングで?告白?違うよな、手つないでいい?とかかな?)

 

ちょっとズルいことは、「一緒に飲みに行かない?」だった。僕はクルマで、彼女が徒歩だから、ズルいということだったらしい。・・・だったらしいけど、それでズルいという言葉をチョイスするだろうか。

男はいつでもポジティブシンキング。彼女なりに、僕をキュンキュンさせるための言葉を選んだんだろう。僕と一緒にもっと時間を過ごしたくてその言葉を選んだんだろう。ああ〜〜モテる男はつらいな〜〜。

 

その場で飲みに行ってたら、その先どうなっていたんだろうか、という浮ついた気持ちで帰路についた。めっちゃ暗い山道も通るから、元気なうちに帰りたかった。

その場で飲みに行ってたら、「疲れたから今日寝ていい?」ってふらっとその子の家に泊まってたりしたのだろうか、という少しの後悔も抱いて、帰路についた。

 

借りたばかりのスピッツ「醒めない」を聞いて帰った。