読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

「秋の山古志で写真撮りながら探検ツアー」を開催したら、楽器屋づくりの心強い味方が表れた

山古志

この前の体育の日に、「秋の山古志で写真撮りながら探検ツアー!」を開催しました。山古志(やまこし)は新潟県長岡市の南東の山間部に位置する地域。そこへ以前から「アコースティックなライブハウス・楽器屋をつくる!」と意気込んでから通っていたのですが、そういえばあまり山古志のことを知らないぞ!ということで、開催に至りました。

イベント開催の目的

探検ツアー開催の目的は、次の5つでした。

  • 山古志のすべてのエリアを知る
  • 地元の人と仲良くなってみる
  • 色々歩いて絶景を探してみる
  • 空き家や土地の情報をゲットする
  • 体育の日なので運動する

f:id:ytkbys:20161014184714j:plain

僕が今「楽器屋をつくる!」と意気込んでいる場所は地図左下、梶金という集落です(大きなくくりは東竹沢)。

他の地域をほとんど回ったことがないので、一日使って回ってみようと思いました。そのついでに、梶金以外の場所で空き家や空き土地などの面白い情報があればゲットしたい!というのが主な理由です。

 

スタンプラリーで一石二鳥

スタート地点の「おらたる」さんで、スタンプラリーの案内を受けました。エリアごとの各お店で買物やお食事をするとスタンプがもらえ、3種類以上集めるとハズレ無しのくじ引きができます、と。せっかく全エリアを回ろうとしていたのでスタンプラリーにも挑戦しました。

f:id:ytkbys:20161014185856j:plain

▲無事スタンプラリーは制覇!

f:id:ytkbys:20161014190047j:plain

▲くじ引きでは錦鯉ストラップをゲット。

 

探索ツアーの行程

参加者3人で、次のルートをまわりました。地図で言うと、反時計回りに回ったようなルートです。

f:id:ytkbys:20161014191135j:plain

  1. 竹沢:おらたる
  2. 梶金:プロジェクト現場
  3. 小松倉:中山隧道
  4. 小松倉:男池
  5. 木篭:郷見庵
  6. 楢木:山古志闘牛場
  7. 種苧原:やまびこ食堂
  8. 種苧原:アルパカ牧場
  9. 種苧原:萱峠牧場
  10. 油夫:アルパカ牧場
  11. 虫亀:こばやしや商店
  12. 竹沢:おらたる

f:id:ytkbys:20161014191248j:plain

▲中山隧道 / 小松倉

日本一の長さを誇る手掘りトンネル、中山隧道(なかやまずいどう)。

 

f:id:ytkbys:20161014191604j:plain

▲男池 / 小松倉

一本裏の道に入ったらたまたまたどり着いた男池(おとこいけ)。・・・を、かっこつけたアングルで撮ってみました。

 

f:id:ytkbys:20161014191338j:plain

▲郷見庵 / 木篭

みんなのほほんとしていて牧歌的な雰囲気です。訪れると、季節の食べ物でおもてなししてくれます。

f:id:ytkbys:20161014192150j:plain

▲山古志闘牛場 / 楢木

このブログにも登場したことのある闘牛場。闘牛のやっていない日に、音楽フェスができそうな施設だと思うのです。

f:id:ytkbys:20161014192322j:plain

▲やまびこ食堂 / 種苧原

種苧原(たねすはら)の食堂にて。ローカルな定食屋さんに入ると、ついついとんかつ定食を頼む癖があります。

 

f:id:ytkbys:20161014191743j:plain

▲萱峠 / 種苧原

萱峠(かやとうげ)を登っていると、なんとも言えない絶景が拝めます。以前、父親に教えてもらった場所。道が狭くて危険なので、軽自動車がおすすめ。

 

探索ツアーで得たもの

当初の目的の達成率は・・・

  • 山古志のすべてのエリアを知る ← 70%
  • 地元の人と仲良くなってみる ← 20%
  • 色々歩いて絶景を探してみる ← 30%
  • 空き家や土地の情報をゲットする ← 0%
  • 体育の日なので運動する ← 40%

てな具合です。一日だと明らかに時間が足りませんでした。

 

おらたるでファンキーなお姉さんに会う

さてさて、スタート&ゴールに設定しただけの山古志復興交流館「おらたる」ですが、実はこの日一番おもしろかったのがこの施設です。

最後にスタンプラリーの台紙を見せ、帰ることもできたのですが、山古志の地域活性について職員さんとお話をしてみました。

f:id:ytkbys:20161014193246j:plain

この職員さんがHi-STANDARDのコアファンで、やたらファンキーなお姉さん。山古志の色々な情報を教えてくれました。「あそこの民宿の夫婦は料理学校で出会ったんだぜ。あ、これ勝手に言っちゃっていいのかな!」とか、「え!梶金!そこの人ならうちでも働いてるよ!あと、そこのお蕎麦屋さんが地元の団欒の場になってるから行ってみなよ!」とか。

こんなに協力的な方がいると、やっぱり山古志で何かやりたいなー!と思ってきます。

 

どちらにしろ、今年は一回冬越えするまで休憩して、来年から色々動いていきます。