ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

100円戻ってくるコインロッカーに、いつもやられてしまう

f:id:ytkbys:20160623232020j:plain

温泉とか、プールとか、その他のレジャー施設とかに、100円入れると鍵がかけれるコインロッカーあるじゃないですか。鍵を返却すると、戻ってくるタイプの。あれって、めちゃくちゃ賢くないですか。

 

たぶん、主目的は「いたずら防止」なのだと思う。

たとえば、自分はロッカーを使わないのに、無駄に色々なロッカーを閉めちゃういたずら。これは、100円玉がいっぱい無いとできないから、無邪気な子供にはできなくなる。悪い大人も、よっぽど暇じゃなければそんないたずらしないだろう。

たとえば、自分がロッカーを使った後、鍵を返さずに、専有化しちゃう行為。これも困りもの。その担保として、というのには100円はあまりにも少ない額だけど、みんなが気軽に出せる額はこのくらいなのだろう。

 

ところで、みなさんは、この帰ってきた100円をどうしているだろうか。温泉とかプールとか、上がった後、着替えたら、100円が出てくる。この100円を財布にしまう人は偉い。お金の貯まる人だ。ところが僕は、「お、ラッキー!100円出てきた。」という流れから、見事に自動販売機へ貢いでしまう。温泉に使った後、プールに入った後、なんてのは、喉がカラカラなわけで、飲み物がほしくなっちゃうわけだ。

普段だったら、少し割高な自動販売機で飲み物を買うことなんて、ほとんどない。それが、わざわざ財布から100円を出さずとも、手元に現れてしまったら。買っちゃうよ。

 

100円戻ってくるコインロッカーって、そこら辺も計算に入れているのだろうか。賢い。いつもアイツの作戦にまんまとハマってしまう。ハマってしまうけど、本人も儲けた気がして悪い気はしないし、なんだかんだでwin-winってやつか。(積み重なると結構な出費になっちゃう。)