読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

振り返ってみたらけっこうなメディア人だったので、出演経緯をまとめてみる

 

どうも僕です。ハヤシユウです。今週は風邪と仕事でスペシャルハードウィークでした。略してETCです。・・・って、全然違うやん(よく分からないボケシリーズ)!!今日ようやくちょっと落ち着いて、最近の動きを振り返ってみたんですが、良く考えたら僕、意外とメディア人だな、と思いました。ここ1年でも、テレビ、地域情報紙、雑誌、新聞に取り上げられました。まったく自慢したいわけではない(むしろ恥ずかしくて死にたい)のですが、ここらへんの経緯気になる方が多いと思うのでちょっとまとめてみます。

テレビ:市民リポーターとして

まずはテレビのお話。現在、NHK新潟の番組に市民リポーターとして出演させていただいています。

f:id:ytkbys:20160104164249j:plain

 (左から二番目がわたくし) 事の発端は去年の2月、Facebook及びテレビCMで「市民リポーター募集!」というメッセージを目にしまして、これに応募してみたことです。なぜ応募したのかと言われると、完全にノリです。リポーター自体には強い興味があったわけではなく(すみません!)、テレビに出たら作曲の宣伝もちょっとできるかな、とか、現場はめちゃくちゃ楽しいだろうな、とか、なんというか、半ばよこしまな気持ちも持ちつつ応募してみました。 で、せっかく応募するなら、「勝ちに行こう!」ということで、応募用紙の方も少しインパクトの有りそうな文を添えました。「職業:作曲家」「アピールポイント:即興で作曲できます」という感じで、それはそれは盛りました。そして案の定オーディションでは「即興で作曲できると書いてありますが、今できますか?」ということで、(きたー!!)と思いつつその場でアドリブの歌を披露。てか、歌か!(笑)実際めちゃくちゃ恥ずかしかったし、テレビでもバッチリ使われててちょっと死にたくなりましたが、これが功を奏してバッチリリポーターに選ばれました。 「職業:作曲家」というのも大きかったと思います。選ばれた四人はやや特殊な仕事をしている方たち(芸人・ダンサー・自営塾講師)ばかりでした(というか撮影が平日もあるので、普通の会社員だと厳しいのかも)。 (リポーターは正直、あまり向いていないな、と思っています。僕はしゃべりもうまくないし、声も小さいし、自信もない感じです。ここは本当に改善していきたいところですが。。ただやっぱり編集の力がすごくて、そこを上手にいじってくれたり、番組としてみた時に成立しているのがすごいです。)

新聞:シェアハウスの様子

f:id:ytkbys:20160104164310j:plain

 今年から始めたシェアハウスで行ったイベントを取材していただきました。おかげさまでfacebookのページも順調に新規ビューや新規イイネが増え続けています。ブログでも何回か書いていますが、今新潟のコンセプト型シェアハウスがアツいです。・・・ということで、記者さんにも「新潟のコンセプト型シェアハウスがアツい」という趣旨でイベントに来ていただきました。 シェアハウスが話題になっていたこともありますが、もともと記者さんとは別のイベントで知り合いになっていまして、そこからお話を頂きました。本当、どこからチャンスが来るかわからないですね。

雑誌:フリーランスの収入について

f:id:ytkbys:20160104164401j:plain

 雑誌というか、ムック(ブックマガジン)ですね。定期刊行のものではなく、ある特集で組まれる雑誌形態の本です。こちらは以前ブログの記事でも紹介させていただきました(【お知らせ】1/27(火)発売「Ambitious Vol.3」に掲載されました)が、ブログで公開していた収入記事を担当者様に見つけていただき、メールで連絡が来ました。やはり、情報はオープンにしておくべきですね!僕で良かったのか感はありますが、やはり見つけられたもの勝ちということで、自分の仕事のクオリティを上げるのと同じくらい、いや、それ以上に、存在を世にしらしめるのが大事なのだと思います。「認知されてない=存在しない」という世界です。 ともかく、ブログを3年(?)続けて、収入公開も1年以上続けたことでこうして見つけていただき、活動が報われた感じがしました。ブログは蓄積(ストック)のメディアなので、こうしたチャンスは増えていくのかな、と思います。

地域情報紙:遊びに行ったらたまたま

f:id:ytkbys:20160104164419j:plain

 こんなことでもメディアに掲載されるのか、という例。まあ、ここでは僕はフォーカスされてないので、なんにも宣伝にはなりませんが、地域情報紙に載った!という情報は使えます。すごい人っぽい感じ出せる。 掲載されている「ギークハウス新潟」に遊びに行った際に、たまたま地域情報紙の取材が来ていて、「君たちも一緒に写りなよ!!」というなんとも軽いノリで写真をとっていただきました。リポーターのとこでも書きましたが、基本恥ずかしがり屋なので遠慮したのですが(笑)僕は一番右ですね。なんだかんだいい笑顔だなー。

ブログ:なんだかんだでメディアになりつつある

f:id:ytkbys:20160104164520p:plain

 最後に、このブログについて。ワードプレスに移行してから2年くらいになりますが、最近は本当に色々な方が記事を読んでくれてるな、ということを感じます。記事のツイートもめちゃくちゃ嬉しいし、twitterで直接リプライが来るのも嬉しい。そして一番驚いたのが、facebook経由で「ブログ楽しかったです」というメッセージを頂いたこと。つまり、記事を読んだ上で、わざわざプロフィールを読んでくれて、そこからfacebookのリンクをたどって、というプロセスがあります。そんな段階を踏んでメッセージしてくれたのすごく嬉しい。しかも女子大生だったので更に嬉しい。 ブログ始めた頃は本当に一日10~20PVくらいでしたが、やっぱり続けるとどんどん成長するな、と身を持って実感します。え、やばい!改めて考えたらやばい!ブログやばいし、僕のメディア人っぷりやばい!

まとめ

今回の記事は長くなってしまいましたが、そんなわけでここ一年くらいの振り返りを書いてみました。本当、メディア掲載についてはどこにチャンスが有るかわかりません。ただひとつ言えるのは、とにかく続けること。 それにしても、数年前の僕からしたら、こんな色々なところで出させてもらうことが出来るなんて、まったく思ってもいませんでした。人生、何があるか分からなくて楽しい。これからも色々なことに巻き込まれていきたい。です。