ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

即興演奏のための実用的な練習は「スケール、コピー、フレーズ」

即興演奏ってかっこいいですよね。アンサンブルの中に入ってすぐに弾き始める、あるいはボーカリストに合わせてすぐに伴奏をつける、あるいはアドリブパートで少し技巧的なフレーズを弾く。いずれも憧れる場面です。

即興演奏については過去に色々なサイトや書籍を見てきましたが、少し古くて小難しそうなこの本が、本質を付いているような気がしたのでご案内します。

図書館でちら見した感じは、「いかにも」お偉い先生風な、難しい作曲編曲の本のような気がしましたが、それはデザインの問題で、文章はやさしいものでした。

即興演奏のための「スケール」(技術)

この書籍で一番最初に記述があったのは、この内容でした。

「すべての調において、長短のスケールをすぐに弾けるようにしてください」

これは、即興演奏において、いや、プレイヤーとして、たしかに必須な技術だと思いますが、なかなかズバッと言ってくれる本はありません。理論の本では、ハ長調とイ短調を多く扱うし、やはり調号が入ってくると苦手意識があります。

スケールをすべての調で軽やかに弾くのは意外と難しく、練習が必要です。ピアノなら調ごとに運指も変わります。ピアノならやさしい方で、管楽器になると指と息の使い方がどんどん変わってしまい、普段使わない調に関してはピッチ(音程)も怪しくなってきます。まずはここを徹底練習しましょう。

 

即興演奏のための「コピー」(音感)

次に取り上げているのは、知っているメロディーをピアノで弾いてみたり、リアルタイムで流れている曲を追っかけてみたり、という音感を鍛える練習です。メロディーを楽器で追うというのは、楽器の練習にも、音感を鍛えるのにも向いており、何より好きな曲でやれば楽しいというのが良いところです。僕もこの方法でだいぶ音感を身につけたと思います。

段階を踏んで、「知っている曲のメロディーを思い出しながらゆっくり弾いてみる」→「簡単な曲を流しながらリアルタイムでメロディーを追ってみる」→「少しフレーズの複雑な曲をリアルタイムで追ってみる」というような順番を取ると良いです。よっぽど音感がある人でなければ、最初の二つに練習の多くを費やすことになると思います。

メロディーがある程度出来てきたら、今度はベースライン。一番上のパートであるメロディーと、一番下のパートであるベースさえ聞き取れてしまえば、曲の骨格は出来上がります。ベースも耳を澄まして、追いかけることができるようにしましょう。

 

即興演奏のための「フレーズ」(知識)

フレーズは、アドリブに必要な、わかりやすく言えば「手癖」のこと。このフレーズは弾きやすいのにかっこいい音になるとか、このフレーズは半音の動きが面白いとか、そういうのをたくさん覚えましょう。

入れるだけでカッコイイ、「リック」でピアノアドリブ - Simple Arrange Archives

 

今まで読んでいた書籍は、この「フレーズ」に特化したものが多かったように思います。たしかに、この部分が一番広げられるし、何冊も本が書けそうです。しかし、あくまでも土台となっているのはすべての調に慣れていることや、音感がついていること。フレーズだけに頼らずに、手と耳も鍛えれば、しっかりと自分のものにできます。