読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

「facebookやってますか?」フィルター

人の集まるところに行くと、一定数で、「危ない」匂いを放つ人に出会う。危ない人というのはもちろん、暴力的だとか、薬をやっているとか、そういうことではなく、怪しいビジネスをしている人のことである。怪しいビジネスしてなくても、「意識高い」をこじらせている感じの人も、危ない。

そういうたぐいの人は、facebookが好きだ。人脈という言葉が好きだ。やたらポジティブだ。マーケティング用語が好き。目的もないのに起業したがる。危ない。

この「危なさ」はその人と1分くらい会話すればだいたい分かる。ビジネスや投資はいいよね、自分の時間が自由に使えるのはいいよね、みたいな方向に話を持って行こうとする。やたら共感・賛同してくる。

 

最近、こういう人に共通する特徴を見つけた。それが、タイトルの「facebookやってますか?」である。これを聞くのが危ない人、というわけではない。聞くタイミングが重要なのだ。

すばり、会って5分以内に聞いてくる人は、「危ない」確率が高い。危なくない人は、別れ際に連絡先として聞いてくるもの。もしくは、話の途中でSNSの話題になった時など、自然な流れであれば問題ないと思う。

それが、会ってすぐに「facebookやってますか?」と聞いてくる人は、人脈をつくるのが好きで、「意識高い」をこじらせている人である可能性が高い。

 

facebookの使い方って、やっぱりいろいろ考えるよね。便利だけど疲れる。僕は会った人であれば基本的に承認するので、前述の危ない人も受け入れているんだけど、ほとぼり冷めた頃にこっそり友達解除、またはフォロー解除をしておく。

「みなさん、人生を思いっきり楽しく生きる方法を知っていますか。会社勤めでは給料は変わりません。休みは増えません。できる人は、自分で稼ぐ方法を確立しています。稼いだお金は、投資に使います。お金を増やせば自由になれます!」

みたいな投稿してて、見ているだけでエネルギー吸い取られるもん。

自分でそう思っているだけなら危害はないんだけど、「危ない人」は上記のような考えが「正義」だと思っていて、他の人にも教えてあげなきゃ!という使命感を持っている。他の人に押し付けた場合に、正義は悪になる。やめてくれー。