ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

マイオフィスでデスクワークしたい

マイオフィスって憧れるよね。普段から住み開き古民家にて作曲生活をしているわけだけど、やっぱり集中して作業するときは別の作業場が欲しくなる。今のスタジオもめちゃくちゃクリエイティブなんだけど、めちゃくちゃ寒くて手がかじかんでしまうのがつらい。

この前、住人に連れてもらってオフィスの見学に行った。その名も「十日町市インキュベーションオフィス」。おそらく、これはみんな目を丸くして驚くと思うんだけど、このオフィス、月1万円で借りることが出来る。

広さは11平米、Wi-Fi、冷暖房完備、机も置いてあって水道とガスまで使える。駐車場も1台分込み。大晦日以外は毎日、朝8時~夜20時まで自由に使用可能。さらにこのオフィス、道の駅に入っているので、お客さんも呼びやすいし、情報の交換も早い。

もう一度書くけど、これで1万円はヤバくないですか。

 

・・・という話を聞いて、「やべーー!!!」って思って、見学に行った。作業場として使えるのであれば、1万円は安い。

ただ、実際に話を聞いてみると「仕事のために」という色が強く、希望する人は向こう3年の事業計画や収支計画を提出しなければいけない。書こうと思えば書けるんだけど、なんというか、僕自身にビジネス感覚がまるでないので、これはタイミングじゃなかったのだ、と思うことにした。

そうはいっても、オフィスでデスクワークには憧れがある。在宅ワークも最高だけど、たまには出勤したい。座布団作曲も最高だけど、たまには椅子に座って作曲したい。領収証とかオフィスの机で書きたい。メール対応も出勤して朝イチでしたい。お昼は道の駅併設のカフェでゆったりしたい。

 

ということで、インキュベーションオフィス、5区画の内、1区画空いているようです(2016年1月17日現在)。興味のある方はぜひお問い合わせを。