読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

初めてあんかけを作った

ガラクタエッセイ

あんかけって知ってます?知ってるか。あの、とろとろの、あまじょっぱいやつ。かた焼きそばとか、カニ玉とか、中華丼とか、そういうのに乗ってる奴。列挙して思ったけど、中華料理に使うやつって書いたほうが早いか。

そうそう、カニ玉。僕がタマゴを使ってなんか料理したいな、とつぶやいたら、住人が「カニ玉作って!」とアイディアが出てきたので、カニ玉を作ることにした。カニは高いからカニ風味かまぼこね。

僕のイメージだと、レシピはこんな感じだった。

  1. まずタマゴを割ってかき混ぜます。
  2. そこにほぐしたカニ風味かまぼこと醤油を入れます。
  3. またよくかき混ぜたら、油を敷いたフライパンに流します。
  4. かき混ぜながら焼いていきます。
  5. カニ入りスクランブルエッグが出来ます。

ということで、カニの入ったスクランブルエッグが「カニ玉」だと思っていたら、住人に「え、あんかけは?!」と突っ込まれた。そうか、あのとろとろがないとカニ玉じゃないのね。

後日、かぼちゃを食べたくなって、かぼちゃを煮た。今までは煮て終わりだったんだけど、せっかくならあんかけを作ってみよう!ということで、余った煮汁を有効活用。あんかけをつくるのは、片栗粉である、ということはなんとなく知っていた。あと、「水溶き片栗粉」という言葉を頻繁に聞くので、使うときは水に溶かしてからなんだろう、というのもなんとなく知っていた。

さっそく煮汁に水溶き片栗粉を流し込む。煮詰める。

 

おお・・・おお・・・!!これが・・・!!片栗粉の力・・・!!!

 

これで僕は難なくあんかけを作れるようになったわけ。料理の幅が広がったわけ。この前は肉まん(もちろん皮から)とかも作っちゃったわけで、もう中華料理なら任せてほしいわけ。

f:id:ytkbys:20160117013250j:plain

料理は楽しいわけ。