読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

「人生でやりたい100のリスト」ワークショップに参加してみた

今日は「人生でやりたい100のリスト」をみんなで書き出すというワークショップに参加してきました。実はこれ、以前ブログで書いたことがあるものなんですが、一年近く経ってみてどう変化したか?ということを感じるため、また、参加者同士で共有することで新たにやりたいことが見つかったり、コラボできることが見つかったりすることもあるので、参加してみました。 参考:人生でやりたい100のリスト【2014年12月】 

f:id:ytkbys:20160104162848j:plain

一年の変化ってめちゃくちゃ大きい

まずはじめに感じたのは、たったの一年で、やりたいことも大きく変わるということ。去年のものを見返してみたら、3割くらいは「今はやらなくていいかな」という心情に変わってました。専門学校卒業してからここ2~3年は特に、毎年毎年ガラリと考えや生活が変わっているような気がします。まさかシェアハウスやってるとは思ってなかったなー。

やりたいことは単純な自己紹介よりもその人を深く知れるかも

もう一つ感じたのは、ブログで一人でもくもく書くのも心の整理になってよかったのですが、やはり対面で人の意見を聞くのがめちゃくちゃ楽しいです。ぶっちゃけ、「○○(名前)です。△△(職場)に勤めてます。出身は××です。」みたいなステレオタイプの自己紹介って、けっこうどうでもいい情報なんですよね。そりゃまあ、出身が一緒だったり仕事が一緒だったりするとテンションは上がるけど、生き方に直結していないというか。 「やりたいこと」はその人の生き方をシンプルに表しているような気がします。それが100コともなると、その人のことはもうほとんどわかります。今日も参加者は5人中自分と主催者を除いた3人は初対面だったのですが、初めて会った人じゃないほどその人のことを知れた気がします。

コラボが生まれそうな予感

やりたいことはどんどん発信しよう!というのが僕の信条で、続けていると応援してくれる人や乗っかってくれる人が現れます。もちろんこれは対面でも有効で、今日のワークショップでもさっそくその効果が出ました。「ゲストハウスを作りたい」→「今日準備中のゲストハウス見学行くから、一緒に行こう!」のような。 ちなみに僕自身の100のリストはちょうど1年経った12月6日に更新しようかなーと思っていますが、もしかしたらもっと早く書いちゃうかも。

f:id:ytkbys:20160104162917j:plain

 (1時間では60コくらいが精一杯でした。)

主催者はつっちーさん

去年100リストのブログ記事を書いたときもきっかけとなったつっちーさん(土屋裕行.com)のイベントでした。新潟の先人ブロガーということで勝手に尊敬しています。ぜひこちらのブログも読んでみてください(^O^)/ そして、みなさんの100リストもぜひ見てみたい!書いたらぜひ教えていただけると嬉しいです!