読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

毎月最終日は収入の話~2014年10月~

収入報告

ハヤシユウ(@884yuu)です。先月からご飯の画像に気合いを入れています。と言いつつ、今月はラーメンです。収入の方は今月もバランスよく、小さな仕事を組み合わせることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

喜多方ラーメン「食堂なまえ」のラーメンです。安くてシンプルであっさりしたおいしさでした。

10月の収入全体 - 約75,000円

ぼちぼち稼いでる感はあるのですが、相変わらず収入の核は非常勤講師です。あとは、広告収入、労働収入、売却収入、依頼収入、となんだかんだバランスのいい感じ。先月と合わせると17万円で、僕にとってはかなり大きな収入です。一年ぶりくらいに貯金が6桁行きそうな感じです。と思ったけどヒーローと振込は遅れてやってきます。

非常勤講師

今月は授業内容的にも、けっこう濃い目の楽しい授業が出来ました。作曲コースの子には、ベースラインの構築とブラスのハーモナイズを中心に。ベースラインはつくるの楽しいですね。ベースとブラスができればどんなかっこいい曲も作れます!!!

11月もフルで入る予定です。それ以降は(補講を除いて)授業はなくなるので、また収入が不安定になりますね。あと、色々考えるところがあって、来年以降はもしかしたら退くかも・・・?

アドセンスニコニ・コモンズ

今月はなぜだかアドセンスが好調でした。特に何も更新しなくてもいつもの5倍、みたいな日が多かったです。全体の額としては、例月より1.7倍ほど。

労働作業

とある事務所の荷物運びをお手伝いしました。スチールラックやデスクをひたすら運ぶだけの簡単なお仕事ですが、筋肉痛にわめきました。ムキムキになりました。今はもう元に戻っています。継続的にやらないと筋肉ってすぐなくなりますね・・・。

こういった軽作業はどこで見つけるのか聞かれることもありますが、僕の場合は知り合いのNPO法人をやってる方に紹介してもらっています。地域の人材を活用したり、仕事を作り出したり、というところです。僕は空き家再生のイベントで知り合い、こういう(小さな仕事を組み合わせる、ナリワイ的な)生き方がしたいですと言ったら提案していただきました。

直接依頼

10月は、無料で引き受けたものが2件、有料で引き受けたものが3件。ちなみに、無料で引き受けたものは新潟演劇の劇伴です。この狙いについては、以前もブログで書いたのですが、「まずは新潟で一番名の知れた作曲家を目指す」というところです。が、最近は半分趣味でやっているようなところもあります。劇伴は色々な人と関われて単純に楽しいですね。

お金をいただいた依頼の方は、主に先月からの続きという形です。継続的に依頼をしてくださるのはとても嬉しいです。

売却収入

ブログでも告知していました、キーボードを引き渡しました。お金以外のものと交換でもいい!という条件でしたが、気を遣ってお金もいただきました。とても助かっております!!!!

売却、もといモノを手放すのは利益のためよりかは、身辺整理であります。最近自分の周りで「所有から共有へ」の流れが加速していて、荒くまとめてしまうと「そんなにモノ持ってなくても生活に困らないよね」というところにつきます。モノがないシンプルな生活は動きやすく、精神衛生的にも良いです。

記事紹介

今月書いた記事は少ないですね。イヤホンの持ち運びについてはおすすめ記事なので、ぜひ目を通してみてください。「授業を~」「人に教える~」は講師の立場から書いてみた記事。

「作曲の腕~」は自分の作曲を始めた頃からの作品を公開してみました。このブログではなにげにはじめてですね。もっぴーさうんどさんのアイディアをパクりました。

ふと昔作った曲と今の曲を聴き比べてみる: 音楽素材屋 MoppySoundふと昔作った曲と今の曲を聴き比べてみる: 音楽素材屋 MoppySound

その他

中耳炎になりました。診療代が予想外に高くてショックでした。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中耳炎になると、プール上がりのような「耳に水が入った感覚」に陥って、高音がカットされたような聞こえになりました。それはそれで面白い経験だったのですが、やっぱり不便です。

あとは、吹奏楽の演奏会にエキストラとして参加してきました。実はハヤシユウ氏、フルート吹きなのです!本番の1週間前に楽譜が揃うというハードな状況にありつつも、本番ではしっかりごまかしてきました!すみませんでした!!ただまあ、久しぶりに合奏が出来てめちゃくちゃ楽しかったです。

もう一つ、11月の9日にも演奏会を控えていて、そちらの練習も。というわけで、10月は制作よりも演奏を中心にしていました。

※この記事は11月1日に執筆しましたが、記事の性質上投稿日を10月31日に設定しています。