読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

イヤホンの持ち運びは付属の袋よりも「タッパー」が便利!

ハヤシユウ(@884yuu)です。みなさんはイヤホンをどのように持ち歩いていますか?かばんやポケットに無造作に入れていませんか?買ったときについてくる袋に入れて持ち歩くのもいいかもしれませんね。 ですが、僕はタッパー収納をおすすめします。その利便性をこの記事では書いていこうと思います。

 

ちなみに、イヤホンを買ったときについてくる袋っていうのはこういうやつです。ちっちゃい巾着袋みたいな感じです。2000円以上くらいの商品だとついていることが多いですね。 

f:id:ytkbys:20160104172911j:plain

そもそもなぜ裸で持ち歩くのはNGなのか

これについてはある程度イヤホンを持ち歩いてる人にとっては常識かもしれませんが、彼ら、非常に細いですよね。常に「断線」の危険と隣合わせです。

断線は文字通り内部で導線が切れてしまって、(物理的に)音声信号が伝わらなくなってしまう状態。直すには精密なハンダ付け作業を必要としますが、僕は出来ないので諦めます。

1000円位のイヤホンなら諦めがつくのですが、高額なイヤホンになるとこれがもう結構な精神的ダメージを伴います。僕は高校生時代に2本のイヤホン(計1万円)を断線でお亡くなりにさせてしまいました。今使っているのは3代目のイヤホンです。

ちなみにオーディオテクニカの「CKM55」というやつで、これが値段と性能のバランスが良くてお気に入りです。(今調べてみたらけっこう古い商品みたいで、生産終了してました。今はもっといいのが出てるのですね。)

タッパーの選び方

なるべく小さいものを選びます。僕は100均で買った3つで100円のタッパーがちょうどいいサイズでした。大きさ的には、5cm×5cm×8cmくらいのもの。100円ショップの料理コーナーに行けばだいたい置いてあります。

タッパー収納の利点

とりあえず、画像でお見せしたほうが早いですね。

 

 

 これがタッパーに収まっている状態です。結構なんでも入れてます。ちなみに、付属の巾着袋は敷布団みたいな感じで下に敷いてます。笑    

f:id:ytkbys:20160104173013j:plain

中身はこんな感じです。左から、「60cm延長ケーブル」「USBメモリ・ライセンスキー・ミニ→標準変換プラグ(モノ・ステレオ)」「60cmイヤホン」。

ライセンスキーとUSBメモリーを一緒に入れると、DTMセットみたいで便利ですよ。

f:id:ytkbys:20160104173050j:plain

 イヤホンはぐるぐる巻にすると、それもそれで断線の原因になってしまいますので、ゆるく巻くのがコツです。延長コードは自分自身のオスとメスを結合させて、4回転させています。イヤホン本体の方は全体を伸ばした後に2回半分にゆるく折って、上の画像のような形にしています。このようにすることで断線の危険性を免れるのと、絡まないのですぐに使うことが出来ます。

 

f:id:ytkbys:20160104173112j:plain

蓋を閉めた状態。強そうでしょ。よっぽどの外圧が加わらない限りは壊れないし、タッパーなので水にも強い。中身も見える。 ということで、書いてしまったのですが以下に利点をまとめてみます。

  • イヤホン以外にも、USBメモリやライセンスキーなどの小物が入る
  • 外圧も巾着袋以上に耐えられる
  • 液体に強い(水が入り込む心配がない)
  • 四角い形状のためカバンなどにもしまいやすい
  • 中身が見えるので何を閉まったか忘れない
  • 中身が固定され、イヤホンが絡まらない

そういえば、僕の後輩がビニール袋にいれて保管していたのですが、それも危険だと思います。袋みたいに形状が変わりやすくもろいものは、敗れたり、間接的に中の物にダメージを与えるたりすることがあるので。 みなさんもおすすめの持ち運び方法があったら教えてください!