ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

広がる行動範囲について

小学校に上がるまで。僕らは自分の町内でさえ大冒険だった。町内を一歩出ると、そこは知らない土地で、どこにいるかがわからない。お店は小さな商店が精一杯で、スーパーに行くと迷う。

 

小学生のとき。自転車を手に入れる。行動範囲は広がって、学校の学区内なら町内も飛び出して遊びに行くようになる。けれども、学区の端まで行くとかなり冒険した気になる。しかし、地理感覚はまだ弱い。友達の家を一回で覚えられない。お店はスーパーなら迷わずに行ける。

 

中学生のとき。体力がついてくる。行動範囲は広がって、学区外・隣の市町村までも遊びに行くようになる。自転車でも行けるし、電車にもなんとなく乗れる。自分の住んでいる市町村を出ると大冒険である。地理感覚もついてきて、自分がどこに向かっていて、今はどこにいるのか、だいたい分かる。修学旅行で知らない土地に行ってもあんまり迷わない。

 

高校生のとき。バイトでお金を手に入れる。行動範囲は二次関数的に広がっていき、県外、地方の外へも出ていくようになる。自転車もかなりの距離を漕ぐことができる。地理感覚はほぼ大人のそれに近くなっていく。自分の行きたいライブやイベントに一人でも行けるようになる。

 

大学生のとき。体力や経済力、地理感覚は微増。もはや旅行で地方の外・海外へ行くなんて当たり前の感覚。楽をしたいので自転車はあまり乗らない。原付きや自動車、都市部では電車の移動が主。まわりの友達も自由に動き回る人が増え、自分も動き回るようになる。もう新宿駅でも迷わない(案内板がちゃんと読める)。

 

こうして広げてきた行動範囲を、狭めたくないな、と思う。家と職場だけの往復では、小学生の行動範囲だ。

近くても遠くても、たくさん気になる場所へ行って、たくさん冒険してきたい。

音楽そのものを売るのではなく、音楽を使ったエンタテイメントを売る

ハヤシユウ(@884yuu)です。BGMを作ることにしか脳がない自分は、日々「どうすればBGMがより売れるのか?認知されるのか?」ということを考えています。

主に使っているサイトはオーディオストックさんで、今まで放置気味だった過去の曲をリメイクしたり、説明文やタグをわかりやすくしたり、色々と実験中です。

著作権フリーBGM/効果音の音楽素材 - 「オーディオストック」

 

しかし、BGMを売るというのはなかなか厳しい状況で、トッププレイヤーでも月間の売上が数万円〜十数万円のということらしいです。僕は現状、数千円くらいですが、今年は月間3万円くらいは目指していきたいなと思っています。

 

音楽クリエイターが音楽を知ってもらう・買ってもらう手法として、このように直接音楽を販売することもできますが、最近は「音楽を使ったエンタテイメント」をいかに作り、いかに広めるか、というところに面白みがあるんじゃないかと感じています。

 

さっそく、最近見つけた具体例をいくつか紹介します。

 

クソ動画(※)制作者:からめるさん

 ※ご自身でクソ動画作る人とおっしゃっています。笑

 

どなたのRTか忘れましたが、突如twitterのタイムラインに表れた動画。いくつか作品を見てみると、音楽は自身の作品では無いようですが、すべてのツイートが何千、何万とRTされています。300人だったフォロワーさんも1ヶ月で90,000人超えという勢い。

自身の音楽を使って動画を作ることができれば、90,000人のうち900人くらいは、音楽を気に入ってくれるかもしれません。

 

位置情報アプリでRPG

これもtwitterで見かけた、なるほどな!と思ったツイート。

(調べてないけど)まだ実際に市場にあるわけではないようですが、たしかにこういうのできたらあっという間に話題になりそうです。まとめサイトに「場所や時間によってBGMが変わる位置情報アプリ「音楽だけRPG」めちゃ楽しいwwwww」って記事ができてるのなんか想像できます。

その場所に訪れるとBGMが変わって、何かアクションを起こすとその音源が本体にコレクションされる、みたいな機能があると、みんな集めるのに夢中になりそう。

 

ここからは最近見かけたわけじゃないけど、他にもいくつか。

東方Project

高校時代にちょっとハマっていた、同人シューティングゲームDTMをかじっている人なら、耳にしたことがある人が多いはず。ニコニコ動画でも黎明期〜現在まで、人気のコンテンツです。

めちゃうろ覚えなのですが、制作者のZUNさんはもともと音楽制作者で、「自分の音楽をもっと聴いてもらうために」ゲームの制作を始めた、とどこかの記事で見かけました。めちゃうろ覚えなのですが。

 

ミリタリー体操第一

 

爆発的に流行ったわけではないのですが、じわじわと人気の作品です。何を隠そう、自分が制作した「早起き体操」のBGMを使って、この作品を作っていただいたのです。感謝、感激、雨あられ!

オリジナル体操やダンスをつくるというのも、音楽を使ったエンタメとして面白いですね。めちゃかっこいい音楽にださいダンスの振り付けを考えてみるとか、その逆も然りで、かっこいいブレイクダンスにギャグ日常系の音楽をつけるとか。

 

まとめ 

ということで、何を今さら当たり前のことを書いているんだ、という内容の記事になってしまいましたが、やっぱり音楽そのものよりも、メディアミックスしたほうがより武器となりえますね。

話題になることだけを考えたら、音楽を勉強するよりも、他の分野を勉強して、組み合わせたほうがいいわけです。

 

今年は自分自身も、そういったしかけをいくつか狙ってみたいと思います。

2016年のまとめ―収入約90万円、移動総距離すごそう。

そういえば、2016年のまとめをまだ書いていませんでした。去年の9月で収入報告をやめてから、久しぶりの収入報告となりますが、年まとめの収入報告ももしかしたらこれが最後になるかもしれません。

 

収入:約90万円

まだしっかりとは計算していないんですけど、収入は約90万円でした。そのうちだいたい半分がニコニ・コモンズによる収益です。もう半分は、CD印税や直接依頼のもの。

オーディオストックはたぶん5万円くらい。今年は年30万くらい狙ってみよう、と思い、年始からゴリゴリ登録&手直し中です。

 

去年は超短期バイトを2つ?(ペンキ塗り、カフェ)をやった以外はバイトもせず、ギリギリ音楽収入だけで生きていけました。

とはいうものの、20万円のクルマを買って、ガソリン代10万円を使ってあちこち出かけた上に、仕事で必要だった経費が30万円と、手元にはほとんど何も残っておりません(笑)

差し引いた30万円だけでも生きてこれたのは、ひとえにギルドハウス十日町と実家のおかげです。来年はもっといっぱい稼ぎたいです。

 

楽器屋計画

工具とか作業着とか、形から入ろう!と思って、この計画にも2〜3万円ほど使っちゃったと思います。結局、現状今の場所では建物を作るのが難しいということで、ひとまず保留にしてあります。

去年の6月〜9月頃まで、草刈り・片付け・ハチの巣駆除などをしておりました。

 

ライブをした

今まで人前で歌や演奏を披露することは殆どなかったのですが、2016年はけっこう歌いました!一番大きいのは、自身のバースデイライブ、ワンマンで1時間半(というと聞こえはいい)。山の中のシェアハウスに30人ほど遊びに来てくれて、 それはそれは幸せでした。

他にも、一緒にシェアハウスに住んでいた服飾デザイナーさっちんのファッションショーで歌わせてもらったり、シェアハウスを出るときにもさよならライブ(主にピアノ!)したり。ライブを重ねることで、必然的に?歌もうまくなってきたと思います。

 

モテた

春頃〜夏頃にかけて、なんだか自分自身にめちゃくちゃ自信がついた時期で、それと同時に女の子といい感じになりやすくなりました。ちょっと羽目を外した感もあるけど、楽しかったので今年もチャラ男でいようと思います。うぇ〜い。

 

移動総距離すごそう

新潟の中をちょこまか移動していたんですけど、たとえば同じ県内でも新潟市糸魚川市は200kmほど離れていて、まあとにかく移動しました。群馬とか長野もちょこちょこ行った。青春18きっぷで岡山も行った。

単純に、ガソリン代10万円を120円/Lで計算すると使ったガソリンは833L、燃費20km/Lとして、16,667kmの移動!たしかにメーターもそんなもんでした。+電車や自転車、人の車なんかも入れると20,000kmくらいかな。おもったよりすごくなかったです。

 

あと2016年何があったっけ。だいたい、そんな感じです。

2017年の展望:作曲以外の仕事を増やす

ハヤシユウ(@884yuu)です。プランを立ててもその通りに行かないことはわかっていますが、2017年は「作曲以外の仕事を増やす」ということを軸に、色々挑戦してみたいと思います。

 

ファッションブランドを作りたい

いきなりぶっとんだ計画ではありますが、実は以前から挑戦してみた買ったことの一つでした。

 男性向けの、かわいい感じ&中性的な感じのファッションて、あまり無いなと感じています。かと言ってレディースを買うのも少し抵抗があるし、中性的な男性向けのブランドを作ってみたい。

 特に挑戦したいのはスニーカーなんですけど、スニーカーって自分で作れなさそうな商品No.1なので考えどころ。布や革は揃えられるとしても、ゴムの靴底とかどこで売っているんでしょう。本気になったらもう少し調べます。

 

一番手軽なのは、Tシャツ作成かな、と。僕が大好きなTシャツブランド「グラニフ」さんがイメージに近いです。グラニフはメンズ/レディース関係なく、ユニセックスでサイズ展開をしています。デザインもカワイイものが多くて、愛用しています。メルカリでちょくちょく検索しちゃう。

 

高品質なTシャツ作りには、「シルクスクリーン」の手法が必要で、これも工業的というか、自分ではなかなか難しいものだと思っていたんですが、自分でもできそうなことが判明。

【DIY】ほぼ100均で揃う!簡単なシルクスクリーンプリントの方法教える【自作オリジナルTシャツ】 - HMP2ブログ

最初は小ロットを自作して、流行ってきたら工場委託に変えるのがいいのかな、と。

 

スニーカー、オリジナルで作れそうな気がする情報をお持ちの方はぜひ教えてください。

 

楽器屋&音楽複合スペースを作りたい

前から何度も発信しているのですが、2017年も楽器屋計画は存続。ライブもできて、楽器も触れて、軽食もあって、音楽のワークショップや学校もできる。そんな空間を作りたいです。

そのためにも・・・▼

Niigata Music Postの収益化

昨年11月より始めたWEBマガジン「Niigata Music Post」を軌道に乗せたいです。

niigata-ongaku.com

まだまだ記事数も少なくパッとしていないのですが、県内のライブスペースや楽器屋・イベントにとことんお邪魔して、新潟で音楽といえばアイツだよな〜というポジションを目指しています。

ブログ自体のPVが少なく、広告収入が乏しいとしても、そのポジションを獲得できればいくらでも収益の幅を広げられそう。

ニイガタ通信というブログを書いてるガタ子さんも、新潟のお店情報といったらあの人!というポジションを獲得して、雑誌のコラムを書いています。

今年は広告を掲載するというよりは、広告を出す時期かな、と。facebookで新潟住みをターゲットに広告を出してみます。

 

もっとライブをする

2016年は、なんだかんだでピアノも歌も披露する機会がめちゃくちゃ増えた年でした。2017年は、それ以上にライブで人前で披露する機会を増やしたいな、と。自分で言うのも何ですが、ピアノも歌もけっこううまくなってきました!ネットに動画を上げるのも然りですが、上記Music Postの件もあって、今年は出演者としてもリアルで活動してみたいです。

これは仕事というか、稼ぐのは難しいかもしれませんが・・・。

 

ライブはライブでもやってみたいのは、お笑い×ライブ、授業×ライブ。単純に歌のうまさやステージングでは他のアーティストに到底かなわないので、作曲家ならではの音楽知識を面白おかしく紹介したり、MCや芝居に謎に凝ったお笑いを取り入れてみたい。

 

普通にお金欲しい

上記のことを達成するためにも、最低限の資金はいるわけで、今年はちょっと働いてみようかな、と久しぶりに働く意欲が湧いてます。非常勤講師を辞めてまる1年経つので、1年ぶりのお仕事。・・・となるか。

 

 

古民家と音楽は、相性バッチリ!

久しぶりにギルドハウス十日町(※10月まで、約10ヶ月住んでいた古民家シェアハウス)のことについて書きます。今年はギルドハウスで「アドベントカレンダー」というイベントに参加していて、その一環の記事でもあります。

ギルドハウス十日町 Advent Calendar 2016 - Adventar

 

僕はせっかくなので、作曲家としての視点で、入居していた期間の音楽事情に書いてみたいと思います。

 

 

のびのび歌い放題、演奏し放題

 

なんといっても、歌い放題で、演奏し放題なところが一番嬉しいギルドハウス。山中にあり、まわりの民家も離れていることから、アコースティックな音であれば近所迷惑になることがないんです。もちろん、夜は音を抑えめにして、住人同士で配慮することもありますが、基本的にみんな寛容。僕自身、うるさい!って怒られたことはまだないです。

晴れた日には外で弾き語りをしたり、フルートやバイオリンの練習をすることもありました。特にフルートは、夏に演奏会に出る関係ですっごくピロピロしました。

 

ギルマスのハルさんに「うるさくしてごめんなさい」と伝えると、「いやいや、コバユウがいて音が鳴ってるとにぎやかで嬉しいよ」と肯定してくれます。すべてが受け入れられるシェアハウス、プライスレス。

 

最近は別の元住人もトランペットを始めたみたいで、遊びに来るとまた音が増えます!笑

 

古民家のもたらす、暖かな雰囲気のライブ

そんなギルドハウスでは、たびたびライブも行われていました。僕が知る限りでは、

  • 2015年6月:津池ミュージックフェス
  • 2016年4月:ハヤシユウバースデイライブ
  • 2016年6月:アフリカライブ
  • 2016年10月:ハヤシユウさよなライブ
  • 2016年10月:キャットニャンダフルフォーク部ツアー公演

など。他にも突発的に小さなライブがたくさん行われてきました。一番最初の津池ミュージックフェスではライブペインティングで2F大広間の壁がアートになり、以降ここがライブ会場として定着しています。

 

ライブハウスでも、きれいなカフェでもライブできるけど、古民家で畳に座布団を敷いて行うライブもまた雰囲気が良いです。暖かみの増すような、奏者と聴者の境目がゆるくような、とにかく生活の延長線上にライブがあるような、そんな感じ。ライブハウスやホールのライブが非日常だとしたら、古民家のライブはあくまでも日常なのかもしれません。

図々しくも、僕自身のライブも2回開催しました。誕生日に一回大きなライブと、ギルドハウス卒業時にしっぽりとゆるいライブを。普段は作曲家として曲を作り続けているだけだったので、まさか人前でこんなに歌や楽器を披露するとは思ってもいませんでした。

 

自分の演奏や歌は下手でも上手でもないみたいな、すごく中途半端な技術なんですけど、それでもライブをする!と決めたら、練習に精が入って短期間で上達したと思います。

 

 

パーリー建築と月見音楽祭

f:id:ytkbys:20161205005820j:plain

ギルドハウスの音楽事情は、パーリー建築抜きでは語れません。先程の「津池ミュージックフェス」も彼らが企画したもの。当時3人で住んでいたパーリー建築は、みんながみんな音楽好きでお祭り好き。自分たちでも歌を歌うし、作業中は音楽を爆音で流していました。

そんな彼らの集大成のお祭りが、月見音楽祭。2015年の第一回音楽祭はギルドハウス最寄りの美佐島駅にて。当時、僕はまだ住人ではなかったのですが、縁あってステージに立たせていただきました。やっぱり外でのびのび歌うのは楽しい。

 

風景に根付いた音楽のあり方―たんぼ音楽祭について

今年は、ギルドハウスで初めてたんぼに挑戦しました。よく、食べ物に「すくすく育っててね」との声かけや、音楽を聞かせてあげると、美味しく育つ!という話を耳にします。お米も例外ではなくて、ちゃんと僕達の声を聞いてくれて、美味しく育ってくれたみたいです。

ちょっとした雑草抜きのときや、様子見のときにも、声をかけたり、歌を歌ったり、ケーナ(※ボリビアやペルーの民族楽器)を吹いたりしていました。

 

十日町っぽいところで歌いたい!という十日町在住の友人と意気投合し、本当にスモールな感じでたんぼ音楽祭も開催しました。これは音楽祭というか、本当にただ集まって自由に歌うだけの会だったんですけど。

ギルドのたんぼは谷のたんぼで、声にエコーがかかるのも面白かったです。外で歌っている!というのをひしひしと感じました。

 

田舎の古民家と音楽は、相性バッチリ!

音楽がいつでも楽しめるのは、やっぱり田舎ならではの利点です。都会だと完全防音にするだけで、数十万円かかってしまいますから。

僕がこの前東京で出会ったウクレレ奏者の子も「ぜひライブしに行きたいです!」と言ってくれました。今後も、ギルドハウスでは色々な音が溢れそうです。

絵に描いたようなキュンキュン

みなさん、恋してますか。やっぱり人生というもの、乾いていちゃいけない、いつでも浮ついていたい。キュンキュンしたい。

 

ところで、キュンキュンってなんだよ、と思って、ウィキペディアで調べてみた。

キュンキュンとは、主に少女の恋愛において、胸の中心部に息苦しい感覚を覚えるなど、精神状態が通常と異なった状態に陥っていることを表す擬態語。

キュンキュンって快感のようで、実は不快感なんだよな。いい意味で使われることも多いけど、キュンキュンってやつは、自分の心を乱してくる存在だ。でもそれがスパイスとなって、僕達の人生を彩る、やっぱり無くてはならない存在。

 

今日はクルマで2時間半くらいのところにある会場でクリスマスコンサートが企画されていたのだけど、直前まで行くのをためらっていた。そのコンサートのためだけに往復5時間の運転はなかなかつらい。けれども、別でやっている音楽メディアの記事にもなるし、世界的な指揮者であるゲストが来てくれるということもあって、足を運んでみることにした。

 

会場には僕の見知った顔(女の子)が一人だけいた。コンサート中は、その子と話したり、目を合わせて体を揺らしたりした。3組のアーティストが出演し、特に最後のアーティストは会場をとことん盛り上げ、みんなのテンションも上がっていた。会場の雰囲気や曲調的に、テンションというよりは幸福度が上がっていたかもしれない。

 

コンサートが終わって、その子がクルマまで送ってくれると言うので、肌寒い夜道を一緒に散歩した。もうこれだけでちょっとキュンキュン要素がある。その子が突然、「ちょっとズルいこと言っていい?」と前置きをしてきて、僕の心はそれはもうかき乱された(=それはもうキュンキュンした)。

(え、何、何?!このタイミングで?告白?違うよな、手つないでいい?とかかな?)

 

ちょっとズルいことは、「一緒に飲みに行かない?」だった。僕はクルマで、彼女が徒歩だから、ズルいということだったらしい。・・・だったらしいけど、それでズルいという言葉をチョイスするだろうか。

男はいつでもポジティブシンキング。彼女なりに、僕をキュンキュンさせるための言葉を選んだんだろう。僕と一緒にもっと時間を過ごしたくてその言葉を選んだんだろう。ああ〜〜モテる男はつらいな〜〜。

 

その場で飲みに行ってたら、その先どうなっていたんだろうか、という浮ついた気持ちで帰路についた。めっちゃ暗い山道も通るから、元気なうちに帰りたかった。

その場で飲みに行ってたら、「疲れたから今日寝ていい?」ってふらっとその子の家に泊まってたりしたのだろうか、という少しの後悔も抱いて、帰路についた。

 

借りたばかりのスピッツ「醒めない」を聞いて帰った。

アスファルトの下

普段から、アスファルトの下に思いを馳せることが多い。本来、大地の大部分は土のはずで、そこに草木が生えているはず。けれども、日本のどこに行っても、地面はアスファルトかコンクリートである。

この道路の下は土なんだよな、でもまるでそれを感じさせない。

この下には水道やガス管が通っているんだよな、でもまるでそれを感じさせない。

アスファルトは、どこに行ってもアスファルト。どんな田舎に行っても、クルマで行ける範囲はずっとアスファルトで舗装されているし、家の敷地だってコンクリートで固められている。

 

そんな中、記憶に新しい、博多駅前での道路陥没事故が起きた。映像で見たのは本当にすごい災害だったけど、めちゃくちゃロマンを感じた。そこには、思いを馳せていたアスファルトの下が顕(あらわ)になっていた。

電気配線、インターネット配線、水道管、ガス管がきれいにならんでいて、そのまわりには土。そうだよな、土だよな。もともと、こんな景色だったところにアスファルトが敷かれて、駅ができて、道ができて、建物ができたんだな。

広告を非表示にする