ガラクタエッセイ

Yuta Kobayashi / ハヤシユウの活動記録、エッセイ。飽き性です。

ノートブック「ASUS Eeepc 1015px」を買ったら、動作激遅だった▶メモリ増設で解決

ハヤシユウ(@884yuu)です。最近、ブログやホームページの更新のために、小さなノートブックを購入しました。

現在、制作用にiMac 2010mid 27inchを使用していますが、なにぶん持ち運びが大変。かといってお家にはネット環境がないので、テザリングでやりくりしているのですが、やっぱりガッツリ執筆したいときには物足りませんし、画像や音楽のアップロードも時間がかかります。

misashima.hateblo.jp

 

というわけで、近所のカフェやコワーキングスペースで気軽に作業できるノートブックを探していたのです。条件は、軽くて、バッテリー駆動時間が長いこと。mercariで眺めていたら、ASUSの「Eeepc 1015px」が安くて良さそうだったので購入しました。

 

パソコンの基本機能を果たさない遅さ

届いてみたものを実際にWi-Fiのあるところで使用してみたのですが、激遅というレベルではない処理の悪さでした。打った文字は5秒遅れて入力され、タブは二つ開くとフリーズ寸前。スクロールも10秒遅れて動く。そんな環境でwebサービスのプロフィールを直していたら、1時間かかりました。普段なら、5分程度の作業です。これはヤバイぞ・・・

原因はメモリの少なさみたい

「Eeepc 遅い」で検索してみたところ、どうやら大前提として、windows vista以降のOSでメモリ1GBは少なすぎるということでした。注文した「1015px」はwindows 7 starterで、メモリは1GB。初期化(リカバリー)もされた状態で届いたので、使用で重くなった、ということはなさそうです。だとすると、始めからこの遅さなのか・・・?これを製品として売るの、やばくないか・・・?(しかしあくまで中古品なので、他に使っている方がいたら使用感を聞いてみたいです!)

念のためデフラグ(HDDの断片化ファイルの整理)も試みましたが、ほとんど効果はありませんでした。

 

f:id:ytkbys:20161029003510j:plain

▲Eeepc 1015pxに入ってたうんこメモリ

 

さっそくメモリを増設

いい時代になったもので、2GB程度のメモリはめっちゃ安く買えるんですね。ASUSのEeepc 1015pxにあう規格は、「PC3-10600 DDR3-1333MHz」のノートPC用なんですが、amazonで980円(※中古品)で売ってました。迷わずポチりました。

 

ポチった後に安いなー!と思ってメモリを色々調べていたら、今使っているiMac 2010mid、最大メモリの公式アナウンスは16GBなのですが、実は32GBまで増設できることが判明しました(発売当時、8GBのメモリがなくて、4GB×4が最大だよ、ということだったのだけど、普通に8GBも使えるらしい)。

そして、iMac 2010midのメモリ規格を調べたら、なんとまあ、先のASUSのパソコンと全く一緒でした。現在のメモリ構成は(4GB*2 , 2GB*2)の12GBだったので、ひとまずこの2GBを一枚、ASUSの方に入れてみました。

 

1GBの増設でも想像以上に変わる

そしてノートブックを起動してみると、普通にサクサク動きました。。!

なぜメーカーは最初から2GBを入れないのでしょうか。カスタマイズ前提のPCだとしても、最大が2GBなら、(2〜3千円をケチらず)最初から入れておけばいいのに、と思わずに入られません。とても使える状況ではないPCを出していることに疑問を感じます。(しかしあくまで中古品なので、他に使っている方がいたら使用感を聞いてみたいです!)

とは言え、メモリの増設だけでこんなに変わると思っていなかったので、純粋に感動しました。1GBだと、やっぱりいっぱいいっぱいだったのでしょうか。

f:id:ytkbys:20161029003806j:plain

▲基本スコアが2.3から3.0に上昇。サブスコアは主にグラフィックスの向上、その他は微増でした。

 

制作用のiMacちゃんも、思い切ってこの機会に12GB(4GB*2 , 2GB*2)から24GB(4GB*2 , 8GB*2)に増設してみようと思います。12GBでもサクサクなのですが、embertoneのストリングス音源がよく落ちるので、そこがどう改善されるか試してみます。

 

追伸:

最初にamazonで注文した980円のメモリは、タイミングが遅くなってしまい、キャンセルできませんでした。誰かいらないかな。。

ものをよくなくすので、もののパッケージ化をはじめました

「ものを置いた場所をすぐ忘れる選手権」があったら確実に優勝候補のハヤシユウ(@884yuu)です。冗談じゃなくて、僕にはものをよく無くす才能と、ついでにいうと約束をすっぽ抜かす才能があります。生きづらいよ〜。

 

もののパッケージ化とは

ペンや消しゴムをそのまま持ち歩いている人ってほとんどいないですよね。大多数の人は、それらの筆記具を筆箱に入れて持ち歩いています。同じように、お札やカードをそのまま持ち歩いてる人は少なく、多くの人はそれらを財布に入れて持ち歩いています。

当たり前のようですが、「事務用品・筆記具」「買物に必要なもの」というカテゴリのものを、一つの器にいれて持ち歩く、というのはよくできていると思います。筆記具を探すときは筆箱の中身を探せばいいし、お金を探すときは財布の中を探せばいい。そしてなにより、取り出したものはそこへ戻せばなくすことがありません。

こういった、同じカテゴリのものを同じ器にいれるのがもののパッケージ化です。

ものがよく無くなるというのは、記憶力や注意力の危うさももちろんありますが、もののパッケージ化ができていないところに原因があるように思います。もののパッケージ化というのは、ものの定位置を決めておくと言い換えることもできますね。

 

パッケージ化をしてみる

僕がよくなくすものは、主に財布と鍵です。大事なものばかりなくします。しかし、なぜそれらをよくなくすかというと、よく使うからです。

先ほど、財布は買い物に必要なものをパッケージ化したものだ、と書きましたが、この財布自体もお出かけに必要なものとして、かばんにパッケージ化されます。

f:id:ytkbys:20161019233816j:plain

▲ここでは、僕の例としてお出かけのときに財布とカメラを持っているものとします

 

この状態で財布をなくすことなんてありえないのですが、問題は「かばんの使い分け」です。

 

パッケージ化を極力崩さない

普段使っていたカジュアルかばんから、仕事用にフォーマルかばんに財布を移す。ちょっとしたお出かけのために、フォーマルかばんからカジュアルかばんへ筆記具を移す。f:id:ytkbys:20161019235345j:plain

そんな入れ替えをしているうちに、「あれ〜財布どこ行ったっけな〜?」「筆箱持ってき忘れちゃった!」という状態になってしまうのです。

 

以上の理由で、普段使っているものはすべてフォーマルかばん(シンプルなリュック)にまとめることにしました。

f:id:ytkbys:20161020000227j:plain

そのリュックにも、「このポケットに財布」「前面に日記と通帳、筆記具、カメラ」「背面にタブレット、ノート、書籍、その他書類」「サイドポケットに名刺ケース、ペットボトル」という風に配置を決めました。 

こうすることで、ものを戻す場所・探す場所が一定になります。リュックを「持ち運ぶためのかばんとしても、パッケージ化のための器としても、使っている」のです。

 

パッケージ化はかばんに限らず

いつも使う大切なものはリュックにまとめることにしていますが、他にも色々なパッケージ化を試みています。

フルートセット

f:id:ytkbys:20161020180932p:plain

一つのトートバッグに、[フルート、クリーニングロッド] [譜面台] [譜面ファイル][歯ブラシ] [チューナー] [クロス、ガーゼ、吸水ペーパー]をセットにして入れています。

※[ ] 内はそれも一つのパッケージになっています。

 

f:id:ytkbys:20161020181557p:plain

もしどこかへ演奏へ行く際は、このトートバッグを一つ持っていけばいいし、仕舞う場所も全てこの中。おかげでフルートに関する忘れ物はほとんどなくなりました。

 

美容セット

f:id:ytkbys:20161020181024j:plain

一つのプラスチックカゴの中に、ひげそり・替刃・シェービングジェル・歯ブラシ・歯磨き粉・皮膚薬・ワックス・スキバサミ・眉剃り・くし・鏡・リップクリームが入っています。

お泊りでお出かけのときは、だいたいコイツを持っていくと忘れ物しません。たまに戻すの忘れちゃうので、習慣づけたいと思います。

上古町の古着屋で買い物して、シティボーイになるまでの記録

巷で噂のファッショニスタ、ハヤシユウ(@884yuu)です。

f:id:ytkbys:20161019190703j:plain

ファッションへの興味が高まっています。作曲家というクリエイターならば、見た目もクリエイティブでありたい!という思いは以前からあったものの、実際にどういうお店に行っていいものかわかりません。

そんな中、自分のドンピシャの好みの服(そして好みの女の子)を見つけてしまい、「どうしても手に入れたい!(※服を)」と、ショップへ足を運びました。

新潟美少女図鑑というフリーペーパーが毎月発行されていて、目の保養のために見つけたら手に取るようにしています。新潟の中では、おしゃれの最先端のような中身なんです。手に取った新潟美少女図鑑の表紙になっていた写真の衣装に一目惚れしました。

 

ビルボードプレイスへ行く

美少女図鑑にいくつか衣装協力のお店が書いてあり、まずは一番近いビルボードプレイス内のお店へ向かいました。ビルボードプレイスというのは、新潟中心街の商業施設で、少し高級感のあるファッションブランドが入っていたり、愛用している島村楽器が入っていたりします。

そもそも、そういったファッションのお店に入ったことがないため、無駄に緊張します。1Fにある店舗なのに、まずは4Fの島村楽器まで行って、「俺、楽譜見に来たんだぜ〜」と言わんばかりにぶらぶらします。いやいや、当初の目的を果たすぞ!と3Fへ。まずは入りやすい雑貨屋から肩慣らし。2Fのお店も少しずつ回ってウォーミングアップ。

そしてついに!恐る恐る!目的のお店へ!ひゃー!やっぱり怖いよー!店員さん(オーラがすごい)と目を合わせないように店内をひと通り見てみる。欲しかった服は無い。ちらっとジャケットの一枚の値札を見てみる。43,200円。無理だ。欲しかった服があったとしても無理だ。ちーん。

 

ネットで調べる

最初からこうすればよかったのですが、帰ってからネットでリサーチしました。まずはtwitterで呼びかけ。「(写真付きで)この服どこで売ってるかわかりますかー?」。

さらに、美少女図鑑のtwitterを発行日の9月15日前後まで遡る。

 

あった。

ものの3分で古着屋「TIME」の衣装ということがわかり、お尋ねツイート消しました。 

 

上古町へ行く

TIMEのある上古町(かみふるまち)へ。このエリアは廃れかけた商店街に、新しいクリエイティブなお店がたくさん入ってきて、近年注目されているおしゃれな街。ファッションに関しても、新潟の中で一番東京に近い買い物ができるかもしれません。

TIMEさんへお邪魔すると、ちょっとイメージとは違った、洋館のような内装でした。怖気づきながらも、店内をうろついてみましたが、例の衣装はありませんでした。その代わりまたお気に入りの服を見つけました。5,900円+税。

 ▲1枚目の服。好みのカラーで、生地もすごくしっかりしている。

 

「試着してみていいですか?」の一言から会話が弾み、美少女図鑑で見つけた服を探している、ということもお話しました。「そのシルクのジャケットは売れちゃったんですよねー」とのこと。古着屋なので、一点もののようで、さらに言うと70〜80年代のUSのものだそうです。これは、手に入れるのは相当困難だ・・・。

 

そしてシティボーイへ

古着屋の服は一期一会ということで、先程代わりに気に入った服を購入して、とりあえずシティボーイへ一歩近づきました。しばらくこのスタイルを僕の制服にします。

f:id:ytkbys:20161019180339j:plain

f:id:ytkbys:20161019180357j:plain

 

ぼっちだったのでセルフタイマーで撮りました。切ない。

【絵日記】古民家のカメムシ奮闘記―傾向と対策

ハヤシユウ(@884yuu)です。突然ですが私、カメムシという虫が非常に苦手です。カメムシはこんなやつです。今日は絵日記です。

f:id:ytkbys:20161018222636j:plain

カメムシは、この時期冬の寒さを避けるために民家へ忍び込んでくる虫。主に山間地帯で現れます。コンクリートに囲まれている場所ではほとんど見ない虫(去年まで存在を知りませんでした!)。

カメムシの被害

  • 冬が始まる前、10月くらいに大量発生する
  • 刺激すると悪臭を放つ
  • 刺激しなくても変な汁を垂らす
  • 羽音がうるさい、集中力が奪われる
  • 虫にしては大きい(15mmほど)ため、キモい
  • いやらしいところに忍び込んでいる(カバンや服の中にも)
  • 精神衛生上よくない

カメムシになれている地元の人達は、あまり気にしていないみたいですが、僕はもう作曲なんてしてられません。くそーー!

僕自身、カメムシの悪臭はあまり悪臭とは感じない(草の香りがする)のですが、ブンブン飛んでいるのが非常に嫌です。でかいために羽音がうるさいのと、無意味に壁やライトに激突して「コツン!」といい音を出します。気を奪われまくります。

カメムシの名前

十日町の人達はカメムシのことを「へくさ(屁クサ)」と呼んでいます。他にも、地域によって、カメムシ、へこき虫、クサムシ、など色々あるようです。ろくな名前つけられてませんね。笑

ちなみに、「ヘクサ」という名前は、「HEXA = 6」をイメージさせます。カメムシの由来は「カメのコウラのように見えるから」ということでしょうが、カメのコウラも六角形。「カメ→六角形→HEXA→ヘクサ・・・?」ってところに一人で謎に感動してました。

山奥の古民家に大量発生

カメムシは、先程も書いたとおり、山間地帯に発生する虫。そして、古民家に大量発生します。ヤツらは「家の隙間」から入り込んでくるのですが、古民家の場合は立て付けが悪くなった扉や窓の隙間からブンブンやってきます。網戸無しで窓を開けるなんて持ってのほかです。

f:id:ytkbys:20161018223701j:plain

▲窓際はこんな感じになる

 

気づくと窓の内側にペタペタと張り付いています。

 

明るいところが好き

カメムシは、昼間は窓側にペタペタ張り付き、夜は電球のまわりでブンブン飛んでいます。そして、白い布に生息している確率が高い。そう、ヤツらは明るいところが大好きなんです。

古民家でカメムシと共生するためには、もしかしたら光の調節が必要かもしれません。僕も睡眠時には自分の寝床を真っ暗にして、少し離れたところに薄暗い電球をつけていました(そっちに飛んでいけ〜)。

 

カメムシ駆除―少量の場合 その1

カメムシが気になるところに現れたら、まずは「カメペット」を試しましょう。「カメペット」は壁や天井に張り付いたカメムシに対して有効です。カメペットは今名付けました。

f:id:ytkbys:20161018224432j:plain

 

やり方

  1. 空のキャップつきペットボトルを用意する。
  2. 中に少量の水を入れる。致死効果を高めたい場合は洗剤を入れる。
  3. 壁のカメムシがペットボトルの口に収まるようにかぶせる。
  4. 横にペットボトルをスライドすると、カメムシが滑り落ちる。
  5. 臭いが出てこないうちにキャップをする。
  6. 確実に仕留めたい場合はシャカシャカする。

処理が大変なので、僕は洗剤は入れない派です。水とカメムシだけなら土に還るからそのまま捨てます。洗剤を入れた場合は一度洗剤水を流しに捨てて、カメムシを燃えるゴミに出す、という煩わしい手間があります。その際、流しは確実に臭いますので注意!

カメペット上級編として、割り箸でカメムシの足を掴んでペットボトルに入れる、という仕留め方もあります。この場合、間違って胴体を掴んでしまうと、臭いを出しますのでご注意を。

また、水がこぼれるのが心配であれば、空のペットボトルでもかまいません。入れない場合より長生きしてしまいますが、密閉してしまえば臭いは出てきませんので。

 

カメムシ駆除―少量の場合 その2

次に、床やテーブルの上に表れた場合にも有効なのが「カメテープ(※ただのガムテープ)です。

f:id:ytkbys:20161019175538j:plain

 

やり方

  1. 強力ガムテープを用意する。少し長めに切る。
  2. カメムシにかぶせるように貼り付け、持ち上げる。
  3. 持ち上げたらすかさず、フタをするように折りたたむ。
  4. カメムシのまわりを密閉してしまえば、臭いは気にならない。

 このやり方は、終わったら燃えるゴミへポイなので簡単です。

カメムシ駆除―大量の場合

数匹なら仕留められるものの、もし何十匹〜何百匹といたら(実際にありえる数字です)。。選択肢は二つ、「諦める」か、「仕留める」か、です。

仕留める場合は「カメライト」を使います。必要なものは明るい照明。たまたまシェアハウス内に野外用照明(通称:漁船ライト)があったので使いました。カメライトは今名付けました。

f:id:ytkbys:20161018225201j:plain

やり方

  1. 100均で買った桶に水と洗剤を張る。臭くなるので、普段使いのはNG。
  2. その少し上側に、水を照らすような形で照明を設置。
  3. カメムシが勝手にダイブしていきます。
  4. 桶の中が地獄絵図になります。

虫が明るいところを好む習性を利用した方法。水に写った光を本物の光と勘違いしてダイブします。これは、カメムシ以外の虫にも有効な方法。

本格的な照明でなくても、明るくて熱を持ったものならそれなりに効果を発揮すると思います。シェアハウス内では一晩で150匹くらい(目測)たまりました。うげ〜。

処理は非常に大変ですが、カメムシを要らない板状のもの(開いた牛乳パックとか)で抑えながら、洗剤水をシンクに流し(くさい・・・)、残りを燃えるゴミへ。僕は怒りのあまり、焼き芋と一緒に外で焼いてやりました。ふはははは。

 

山のお土産にしないように

この時期に山から街へ帰ると、困ったことが起きます。お忍びカメムシが家までついてきちゃう問題です。

f:id:ytkbys:20161018230029j:plain

ペン立てやコップ、ファイルの隙間、服の裏側、ありとあらゆるところに忍び込んでいます。運び出す前に一回チェック。家についたら中に入る前に外でもう一度チェック。これを徹底しましょう。街の家にカメムシを入れてしまうと相当精神に良くないです。

 

カメムシ対策まとめ

  • 少量の場合は、ペットボトルに閉じ込めよう
  • 大量の場合は桶に浮かせるか、バルサンを焚こう
  • 多すぎる場合は諦めも肝心、共生しよう
  • 街へ移動する際は、荷物のお忍びカメムシに注意

 

ということで、みなさんもすてきな古民家ライフをお送りください!

「秋の山古志で写真撮りながら探検ツアー」を開催したら、楽器屋づくりの心強い味方が表れた

この前の体育の日に、「秋の山古志で写真撮りながら探検ツアー!」を開催しました。山古志(やまこし)は新潟県長岡市の南東の山間部に位置する地域。そこへ以前から「アコースティックなライブハウス・楽器屋をつくる!」と意気込んでから通っていたのですが、そういえばあまり山古志のことを知らないぞ!ということで、開催に至りました。

イベント開催の目的

探検ツアー開催の目的は、次の5つでした。

  • 山古志のすべてのエリアを知る
  • 地元の人と仲良くなってみる
  • 色々歩いて絶景を探してみる
  • 空き家や土地の情報をゲットする
  • 体育の日なので運動する

f:id:ytkbys:20161014184714j:plain

僕が今「楽器屋をつくる!」と意気込んでいる場所は地図左下、梶金という集落です(大きなくくりは東竹沢)。

他の地域をほとんど回ったことがないので、一日使って回ってみようと思いました。そのついでに、梶金以外の場所で空き家や空き土地などの面白い情報があればゲットしたい!というのが主な理由です。

 

スタンプラリーで一石二鳥

スタート地点の「おらたる」さんで、スタンプラリーの案内を受けました。エリアごとの各お店で買物やお食事をするとスタンプがもらえ、3種類以上集めるとハズレ無しのくじ引きができます、と。せっかく全エリアを回ろうとしていたのでスタンプラリーにも挑戦しました。

f:id:ytkbys:20161014185856j:plain

▲無事スタンプラリーは制覇!

f:id:ytkbys:20161014190047j:plain

▲くじ引きでは錦鯉ストラップをゲット。

 

探索ツアーの行程

参加者3人で、次のルートをまわりました。地図で言うと、反時計回りに回ったようなルートです。

f:id:ytkbys:20161014191135j:plain

  1. 竹沢:おらたる
  2. 梶金:プロジェクト現場
  3. 小松倉:中山隧道
  4. 小松倉:男池
  5. 木篭:郷見庵
  6. 楢木:山古志闘牛場
  7. 種苧原:やまびこ食堂
  8. 種苧原:アルパカ牧場
  9. 種苧原:萱峠牧場
  10. 油夫:アルパカ牧場
  11. 虫亀:こばやしや商店
  12. 竹沢:おらたる

f:id:ytkbys:20161014191248j:plain

▲中山隧道 / 小松倉

日本一の長さを誇る手掘りトンネル、中山隧道(なかやまずいどう)。

 

f:id:ytkbys:20161014191604j:plain

▲男池 / 小松倉

一本裏の道に入ったらたまたまたどり着いた男池(おとこいけ)。・・・を、かっこつけたアングルで撮ってみました。

 

f:id:ytkbys:20161014191338j:plain

▲郷見庵 / 木篭

みんなのほほんとしていて牧歌的な雰囲気です。訪れると、季節の食べ物でおもてなししてくれます。

f:id:ytkbys:20161014192150j:plain

▲山古志闘牛場 / 楢木

このブログにも登場したことのある闘牛場。闘牛のやっていない日に、音楽フェスができそうな施設だと思うのです。

f:id:ytkbys:20161014192322j:plain

▲やまびこ食堂 / 種苧原

種苧原(たねすはら)の食堂にて。ローカルな定食屋さんに入ると、ついついとんかつ定食を頼む癖があります。

 

f:id:ytkbys:20161014191743j:plain

▲萱峠 / 種苧原

萱峠(かやとうげ)を登っていると、なんとも言えない絶景が拝めます。以前、父親に教えてもらった場所。道が狭くて危険なので、軽自動車がおすすめ。

 

探索ツアーで得たもの

当初の目的の達成率は・・・

  • 山古志のすべてのエリアを知る ← 70%
  • 地元の人と仲良くなってみる ← 20%
  • 色々歩いて絶景を探してみる ← 30%
  • 空き家や土地の情報をゲットする ← 0%
  • 体育の日なので運動する ← 40%

てな具合です。一日だと明らかに時間が足りませんでした。

 

おらたるでファンキーなお姉さんに会う

さてさて、スタート&ゴールに設定しただけの山古志復興交流館「おらたる」ですが、実はこの日一番おもしろかったのがこの施設です。

最後にスタンプラリーの台紙を見せ、帰ることもできたのですが、山古志の地域活性について職員さんとお話をしてみました。

f:id:ytkbys:20161014193246j:plain

この職員さんがHi-STANDARDのコアファンで、やたらファンキーなお姉さん。山古志の色々な情報を教えてくれました。「あそこの民宿の夫婦は料理学校で出会ったんだぜ。あ、これ勝手に言っちゃっていいのかな!」とか、「え!梶金!そこの人ならうちでも働いてるよ!あと、そこのお蕎麦屋さんが地元の団欒の場になってるから行ってみなよ!」とか。

こんなに協力的な方がいると、やっぱり山古志で何かやりたいなー!と思ってきます。

 

どちらにしろ、今年は一回冬越えするまで休憩して、来年から色々動いていきます。

格安SIMフリー端末「priori3」と格安低速SIMでテザリングライフがはかどる

私事ですが、先月スマートフォンを買い替えました。知る人ぞ知る、FREETELの「priori3」です。

新品で12,000円のpriori3

何がすごいってこの端末、新品で12,000円(2016年10月14日現在)、新古品や中古品であれば1万円をきるというその価格。

買い替えまでは、android2.2のXperia ray(SH-03C)という化石のような端末を使用していたのですが、それを遥かに上回る性能でこの価格は非常に嬉しいです。時代の進化を感じます。全端末は7年ほど使用していたのですが、電池パックがご臨終になってしまわれたのです。

f:id:ytkbys:20161014150017j:plain

▲現在の小汚いトップ画面

 

前端末では、その性能とRAM容量の少なさ(400MB!)から、ろくにアプリも入れらませんでしたが、パズドラだってメルカリだってポケモンGOだってinstagramだって英会話学習アプリだって入れられます。ふふふ。

 

通信はOCN モバイル ONE

端末も格安なら、SIMも格安のものを使用しています。月額1,600円(税抜)のOCN モバイル ONE。通話と、低速回線がセットになっています。これまた買い替えまでは、データ通信専用SIMを挿した端末と、通話用ガラケーを2台持ちしていたのですが、充電が面倒くさいのでまとめました。

 

テザリングがはかどり、Wi-Fiいらず

予想外に嬉しかったのが、テザリングが普通に使えること。現在、実家にはインターネットが無いので、パソコンでの通信を諦めるか、新たに回線を引くか考えていたのですが、上記の「priori3」「OCN モバイル ONE」が低速回線ながら、モバイルルーターとして活躍してくれています。

f:id:ytkbys:20161014150022j:plain

ただし、やはり容量の大きいデータのやり取りは苦手です。このブログも現在テザリングを使用して書いていますが、添付する写真をかなりちいさくしています。普段はデジカメで撮った1MBくらいの写真を使用していますが、今は100kBくらいまで縮小してからアップロードしています。

しかしその点を除けば、「ブログが書ける」「twitterもできる」「メールもチェックできる」と必要最低限のことはしっかりとこなしてくれます。facebookは読み込むものが多くて少し重い印象ですが、表示ができないということはないです。

ついついやってしまうネット記事のサーフィンや動画のサーフィンも、この低速回線のおかげでブレーキをかけてくれます。笑

 

ちなみに、一日使用すると0.3GBくらいのデータ使用量でした。

縄文土器の制作ワークショップに参加してみたら、コアな会だった Vol.1 〜成形〜

ハヤシユウ(@884yuu)です。

十日町に移住したらやってみたかったことの一つに、「縄文土器の制作」があります。実は、十日町は「火焔型(かえんがた)縄文土器」の出土地の一つとして盛り上がっているのです。

僕自身、春先に一度自己流でトライしたことがあるのですが、どうも失敗続きで諦めていました。

misashima.hateblo.jp

そんな矢先、「来週土器制作のワークショップあるから来てみなよ」とのお声がけをいただき、先日参加してきました。

 

土器づくりがスタート

会場は、まさに土器の出土地である、十日町市の笹山縄文館。広場には復元された竪穴式住居などの展示があります。そんな悠久の風が吹く会場にて、ワークショップスタート。

てっきり、基本的な技術を講習で学んでから、ごく簡単な土器をつくるものだと思っていたのですが、「初めてだから、今日はこんなの作ってみる?」と提示されたのがこちら。

f:id:ytkbys:20161013110126j:plain

難易度高くないですか!!

 

土器制作の基本は輪積み(わづみ)

陶芸の多くは、ろくろを回して縦に形を伸ばしていくものですが、縄文土器は下から輪っかを積み上げていく、輪積みの方法で制作します。

f:id:ytkbys:20161013110707j:plain

輪っかを積み上げたら、境目を消すように、粘土を練り込んでいきます。

f:id:ytkbys:20161013110749j:plain

僕も初めてながら、2時間でこの高さ(7cm)まで積み上げました。冒頭の土器サンプルの、下半分ができた形です。

f:id:ytkbys:20161013111308j:plain

ここまでは特に難なく進めたのですが、上部分は開いていくので、成形が難しくなります。ここで、輪っかの作り方を少し工夫する必要が出てきます。

f:id:ytkbys:20161013111903p:plain

垂直につくる分には、粘土紐を直線で作り、輪っかにして積み上げる方法で良いのですが、広がっていく形状を作るには、粘土紐を輪っかの形状でつくっていきます。数学でやった、扇形の展開図なんかを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。円錐の展開図は扇形ができますよね。

 

そうこうして、4時間のワークショップが終了し、なんとかここまで形にしました。

f:id:ytkbys:20161013111336j:plain

サンプルと比べるとこんな感じ。まあ、及第点ということで。

f:id:ytkbys:20161013112400j:plain

上に広げれば広げるほど、どんどんヒビが入ってきて、粘土造形の難しさを本当に思い知りました。先生も言っていたけど、土器制作にハマる人はドMらしい。

 

気になる参加者層

気になるのが他の参加者ですが、平日昼ということもあり、主婦の方が2人、ダンディなおじさんが1人、というような感じでした。他の参加者はすでに何回か参加したことのある方で、会話が妙にコアでした。

縄文土器の模様には、細かく名前がつけられているのですが(僕は一個も覚えていません)、「この○○(模様の名前)の連続してるの、信じられない!」だとか、「ああ、××(模様の名前)難しい」とか、専門用語連発の会話でした(笑)

f:id:ytkbys:20161013112902j:plain

なんだかみんな、縄文土器への愛が半端なくて、「なんでこんな地味な作業にはまっちゃったんだろう」と笑顔で話していました。

f:id:ytkbys:20161013112917j:plain